ICST2015まるわかりDayと紹介した論文について

標準

7月4日(土)に、ICST 2015 まるわかり Day というイベントが開催されました。

イベントでは、ICST 2015で採録された35本の論文を5分間のLT形式で紹介していきます。ICSTはソフトウェアテスト関連の有名なカンファレンスで、ここに採録された論文を眺めれば、最先端のソフトウェアテスト技術を知ることができるんです。

全体的にはテストケースの自動生成にまつわる話題が多かった印象です。ホワイトボックステストですと、シンボリック実行(コンコリック実行)、ブラックボックステストですと、仕様書(自然言語やビジネスルールなど)を解析してテストケースを導出するとかです。

私も1本論文を紹介しましたのでここに載せます。

紹介した論文

紹介したのは、「Perspectives on White-Box Testing: Coverage, Concurrency, and Concolic Execution」という論文です。日本語に訳すと、「ホワイトボックステストの見通し: 網羅、並行、コンコリック実行」でしょうか。内容は、著者らの研究成果を2つ紹介しています。いちおう共通のテーマでまとめていますが、ちょっと無理矢理感はあります。ただしそれぞれの内容自体はたいへん興味深いものです。1つは、テストの網羅性を制御するためのクエリ言語とその実行環境の開発です。以下の論文紹介のスライドに概要をのせましたが、ソースコードをデータベースとみなし、FQLというクエリによって、網羅したい条件を満たすテストデータをデータベースから取り出します。この概念は、コンコリックテスト(またはモデルベーステスト)を実用的に実施するためにたいへん重要です。現実のソフトウェアを対象としたとき、いまのコンピュータ資源をもってしても全網羅テストはコストが高く、部分網羅にせざるを得ないため、網羅するところを決められる手段が必要なのです。もう1つは、並列(マルチスレッド)プログラムにコンコリックテストを実施する理論と仕組みの構築です。きっと並列プログラムの問題はほかにも研究があるのでしょうけども、考え方が理解できるとナルホドガッテン(古い)でした。これもスライドで説明しましたのでご参照ください。

 


あらためて思いますが、紹介する立場になるとそれなりに読み込まないと説明できないので、理解が深まってよいですね。たいへん勉強になりました。